■熟年世代の男女の出会い

今、熟年世代の人で出会い系サイトが一番盛り上がっていたというのが今から15年くらい前だと思います。

それから、インターネット関連のインフラがどんどん進化して、現在ではネットでの出会いは当たり前のように行われるようになりました。

それに伴って熟年者の出会い方も出会い系サイトなどのネット上で行われるようになりました。

ですが、出会い系サイトで出会っていた政治家のニュースが流れると、出会い系サイトの悪いイメージがあるようです。

本当は出会い系サイトというのはコミュニケーションの選択肢を広げてくれた有益なサービスのはずです。

ですが、それを悪用する人間や業者によって出会い系サイト全般のイメージが悪くなってきた経緯があります。

当サイトではそういう出会い系業界のイメージを払拭するとともに、熟年の出会い系サイトを探している人のための情報を日々提供していきたいと思っております。

最近では、出会い系サイトを使って出会いを求めている人の増加に伴って、出会い系サイトを運営する会社も続々増えてきています。

都道府県の公安委員会に届け出を行っている事業者は400以上会って、出会い系サイト自体も1600以上もあります。

利用者にとってはとても喜ばしいことですが、これだけ事業者が乱立しているとどこのサイトを利用すればいいのか迷ってしまうと言うこともあります。

出会い系サイト選びでとにかく一番重要なのは、出会える優良サイトに登録することです。

出会い系サイトを利用するときに登録するサイトを間違えなければもう間違いなく女性と会えると言っても過言ではありません。

登録するときにいいサイトに登録すれば、いくらでも女性と出会うことができます。

出会い系サイトを使って今まで一人も女性と会えなかった人は、女性の数が少ないサイトに登録してしまっていることが原因の一つです。

出会えない系サイトに登録しても、そもそも出会えない系のサイトなので、いくら出会いのテクニックやコツを駆使しても出会えませんが、出会える系のサイトに登録すれば、もうそれば何もしなくても出会えたようなものです。

以下に、熟年の人や中高年の人が出会いやすいサイトをご紹介していきたいと思います。

優良の大手出会い系サイトはいくらでもありますが、中高年に特化したサイトというのはそう多くはありません。

サイトの構造も中高年向けにシンプルなサイト構造になっていて、誰でも使いやすいようになっています。他にはライバルになる若い男性がいないので熟女好きの人には穴場だと言えるでしょう。

出会い系サイトという言葉は、インターネットができて、出会い系サイトが続々と開設された頃にできたものです。

もちろん、それ以前から出会い目的の媒体がなかったわけではありません。

インターネットが世の中に整備される前は、雑誌の文通覧というものが流行していて、そこで男女の出会いが果たされていました。

本当の目的は文通相手を探す目的で使われていましたが、男女の出会いを求めて雑誌に投稿する人が後を絶ちませんでした。

出会い系サイトの全身といわれているのが、テレホンクラブ、通称テレクラです。

1980年代に日本で初めてテレクラが登場しましたが、男性が個室で待機していて女性からの電話を待つというシンプルな構造でした。

女性からの電話は一番早く受話器を取った人が会話することができるので、とにかく早く受話器をとる競争みたいなことが行われていて、男性の性欲への熱意を表現していました。

ですが、テレクラは個室で待機しなければならないというデメリットや出会い目的にしか思えないようなシステムが影響したのが、あまり広がることはありませんでした。

世間的に悪い印象が浸透していたので、利用者に後ろめたいことをやっているという印象をいだかせたのも廃れた原因だと思います。その後ろめたさの壁を取り除いたのが伝言ダイヤルやダイヤルQ2などのシステムです。

ダイヤルQ2というシステムは自宅の電話からも利用することができたので、自宅番テレクラと言われていました。

テレクラまでいく必要がないので、場所の制限から解放されて、爆発的に利用者を増やし続けていました。

自宅に電話さえあれば、どこでもいつでもつながることができたので、画期的なシステムとして当時はもてはやされました。

ダイヤルQ2というシステムに変わって台頭してきたのがポケベルです。

ポケベルは本来ビジネスマンが会社のために使っていたツールでしたが、女子高生の間ではやり始めると瞬く間に利用者が増えました。

1990年代にはベル友というものがブームになり、ベル友というのはあったこともない相手に適当な番号にメッセージを送ることによりメル友みたいにやりとりをすることです。

90年代はインターネットが一番発達した時期で、インターネット回線を引く家庭が増えたことにより、様々なサービスが登場しましたが、出会い系サイトもその一つです。

出会い系サイトが登場した当時は、パソコンがないと参加できませんでしたが、利用者が増えるとともに利便性が上がって、どのデバイスからでもアクセスできるようになりました。

一家に一台だった家庭電話の時代から一人一台のモバイルの時代に突入して、出会い系の利用者も劇的に増えた時代でした。

出会い系サイトの歴史を振り返ってみましたが、今の時代はその気になれば見知らぬ相手と誰でも出会える時代です。

これだけ便利な時代に生きている現代人として、いろいろなツールを駆使して、この便利さを享受しましょう。

●熟年世代は今の便利な時代を利用しよう

最近の若い人たちは恋愛や結婚に興味がない人が増えているようです。

現在独身の男性に結婚願望があるかどうかというアンケートを実施したところ、約4割の人があまり興味がないという結果になっています。

結婚に対する興味がない理由として、仕事が忙しくて恋愛や異性に関する時間が割けなかったり、女性自体に興味がなかったり、自分のプライベートな時間を少なくしたくないという様々な理由があげられます。

ですが、これは未婚男性に限った話で、女性からしたら恋愛というのは生活において大部分を占めており、誰しもが男性と恋愛したいと考えているのです。

なので、若い男性がライバルにいない分、中高年の男性が若い女性と恋愛する機会が増えて、中高年の男性と若い女性のカップルというのがたくさん誕生しています。

女性の方も先ほど解説したように、同年代の男性は恋愛にあまり興味がないので、年上の男性とお付き合いすることになり、お互いの需要があっているのです。

現在の中高年の恋愛事情をみてみると、やはりそういった若い男性のライバルがいないという時代の恩恵を受けていて、出会い系サイトでも40代や50代くらいの男性がモテモテなようです。

実際に出会い系を利用している年代をみてみると若い20代の人よりも40代や50代の人の方が多くなっています。

この世代の人たちはエネルギーやパワーがある男性が多いので、現代の若い男性のように弱々しくなく、そういうパワーのある男性と付き合ってみたいという女性もたくさんいるようです。

実際に私の周りの女性に恋愛対象の話を聞いてみると、20代前半や後半の若い人よりも40代や50代の中高年の男性も恋愛対象に入っているという声をよく聞きます。

今の時代は熟年世代の恋愛事情も変わりつつあります。一昔前であれば年上の男性なんてピチピチの若い女性からは見向きもされませんでした。

現在では、前述のように年上の40代や50代の男性でも断然恋愛対象になるという女性がたくさんいるので、いくらでも若い女性と付き合ったりすることができるのです。

出会い系サイトをつかってみたけど、全く出会えなかったという声も聞きますが、それはサイト選びの段階で間違っていたからだと思います。

当サイトでご紹介しているような、本当に出会える系の優良サイトに登録すれば、簡単に出会えますし、良心的な価格で出会いまで実現することができます。

40代や50代の男性にとって出会い系サイトは今が一番おいしい時代だと思いますので、ぜひ試しにお試しポイントだけでもいいので使ってみてください。

●さいごに

当記事は中高年やシニア世代が出会いやすい優良サイトを紹介しました。

通常であれば優良サイトにはアドレス業者や、他のサイトへ誘導する業者などが紛れ込んでしまって使い心地が悪くなってしまうことがありますが、ここで紹介しているサイトはサポートも充実しているサイトなので、業者排除などはしっかりしてくれています。

知っている人もいると思いますが、優良サイトの場合は携帯番号の認証が必要です。

番号認証というのは業者が入り込まないようにするための機能で、個人情報が使われることもありませんし、安心して使うことができます。

携帯番号認証機能というのは、業者を排除して、会員の男女の恋愛がスムーズにいくようになっているので、むしろ歓迎するべき機能だといえるでしょう。

ちなみに、当サイトで紹介しているサイトは、番号認証をするだけで、無料ポイントがもらえるサイトばかりなので、その無料ポイントを使うだけで、出会いにつなげることができます。

↑ PAGE TOP